初めての育毛剤まるわかりガイド

TOP > 育毛剤について > 育毛剤は禿げかけてからでは遅すぎるので若い時から使用します

育毛剤は禿げかけてからでは遅すぎるので若い時から使用します

禿げに関してはかなりの部分が遺伝であるようですが、親が禿げているのに子供が禿げていないと言う場合もあります。
と言うことは絶対的に遺伝であるとは言えないわけであり、親が禿げている場合は、禿げる可能性が高いので髪の毛に関して若い時から敏感になるべきです。
親が禿げているのなら若い時の髪の毛がある時から育毛剤を使って髪の毛の抜け毛を防ぐことに注意をする必要があるわけです。
よく髪の毛が薄くなって来てからこれを付け始める人がいますが、それでは遅すぎるわけで、その頃にはかなり毛根が減ってしまっているわけです。
毛根が減ってしまってからいくらこれを使っても毛根は増えることはまずないです。
したがって髪の毛がある状態の時が勝負の時であり、その段階から髪の毛の毛根を守ると言う意識を持つことが大事です。


親の髪の毛が禿げている人の方がその心理状態になることが出来るからかえって親が禿げている方がいいかもしれません。
親が禿げていないと禿げなんて自分には関係がないと思ってしまってまったく髪の毛に注意をしませんから、逆に毛根を傷める結果になる場合が多いです。
髪の毛がある段階から注意をするのであれば、育毛剤だけではなくシャンプーにも注意する必要があります。
毛根を傷めないシャンプーはたくさん販売されていますから、そのタイプのシャンプーを選んでそれを髪の毛のある段階から使うわけです。
この二つに注意するだけで髪の毛の持ちは全然違ってくるはずであり、これをやることによって髪の毛が薄くなるのをかなり遅らせることができるのは間違いがないです。
親が禿げでも諦めないことが大事であり、親が禿げだからこそ若い時期から養生をするわけです。


親が禿げの場合は育毛剤もいい物を使うことが重要で、人より間違いなく禿げやすいですから、その分お金を使うべきです。
お金を惜しむと間違いなく中年になるとその結果が早めに出てきてしまうわけです。
禿げた親に二人の息子がいて、どちらかは禿げていない例はいくらでもあるわけで、その差は若い時期からの養生の差であるのではないかと考えられます。
ダメ元であきらめず若い時からしっかり育毛剤のいい物を使うべきであり、もし、その結果として禿げてしまっても、それはそれで諦めないと仕方がありません。
しかし、禿げるか禿げないかはやってみないとわからず、もし禿げなければそれは養生のおかげと言うことになるわけです。
禿げは遺伝ではないと自分に言い聞かせて若い時から養生して頑張ることが大事であると考えています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP