初めての育毛剤まるわかりガイド

TOP > 育毛剤について > 毛髪トラブルに適した育毛剤を選ぶ

毛髪トラブルに適した育毛剤を選ぶ

薄毛に悩み始めた際、育毛剤の購入を検討する方が多いのと同時に、何を選ぶべきか、悩む方も少なくないと思われます。
巷で話題、有名人も愛用している、こうした理由から育毛剤を選びがちですが、抜け毛の原因は千差万別です。
もちろん、市販される育毛剤も配合成分は様々で、可能な限り、薬剤師に相談することが大事です。
とかく、男性型脱毛症を予防、進行を遅らせるには5αリダクターゼを阻害するタイプが適しており、こちらは深刻な症状に発展しがちで、専門医療機関での相談が大事です。
ストレスや生活習慣の乱れは、頭皮の血流を悪化させ、抜け毛の原因となるので、頭皮の血行を促進するタイプを選びます。
過度な食事制限などのダイエットが抜け毛の原因であれば、頭皮や毛根に栄養を与える育毛剤を選びます。
薄毛予防に対して、育毛トニックを使用する人も少なくはなく、刺激の強いトニック使用、洗髪のし過ぎ、こうした傷みや潤い不足となる頭皮環境を整える育毛剤も流通しています。


毛髪トラブルを引き起こす原因に対して、効果を発揮する育毛剤も必然的に異なります。
原因に適した選択は大事ですし、頭皮も皮膚の一部、敏感肌であれば、頭皮も敏感で、刺激や負担をかけない植物由来の有効成分から選択するのも1つの手です。
センブリやオタネニンジン、かしゅうなどが一例ですが、とかく、ノコギリヤシエキスは男性型脱毛症による予防に期待できるといわれ、育毛剤に使用されています。
毛髪の成長を妨げて、脱毛や薄毛などの毛髪トラブルを起こす酵素となる5αリダクターゼは、テストステロンをジヒドロテストロンへと変換させてしまいます。
このジヒドロテストロンが生成されなければ、男性ホルモン受容体と結合できず、緩和や抑制させられます。
プロペシアも育毛成分として代表格ですが、類似しているため、効果的ですし、何よりも天然ハーブ成分で安全性も高く、副作用も少ない魅力もあります。


ヘアサイクルも無視はできない内容で、育毛剤の効果を実感するにも、有効成分の確認後は最低でも6ヶ月は継続させます。
価格や内容量も重要視したい点で、続けられるものを選ぶことが大事です。
また、頭皮に有効成分を浸透させること、そのためには頭皮の余分な皮脂を取り除く育毛シャンプー、トニックを使うのもポイントです。
育毛剤をただ浸透させるだけでは効果は薄く、また、男性が毛髪トラブルで利用するヘアトニックは、かゆみに繋がるフケを防ぎ、毛髪や頭皮を清潔に保つ不快症状を緩和する養毛効果が謳われています。
育毛トニックは、頭皮の血行促進、栄養素を毛根に届きやすくする目的であって、医薬成分を含んでおらず、育毛剤の方が効果は高めです。
しかし、原因は千差万別、血行不良によるものであれば効果が期待でき、進行性の男性型脱毛症に該当しなければ、継続するのもアリと言われています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP