初めての育毛剤まるわかりガイド

TOP > 育毛剤について > 効果的に育毛剤を使用するなら朝の塗布より夜の塗布を習慣に

効果的に育毛剤を使用するなら朝の塗布より夜の塗布を習慣に

厳選して入手をした頭皮ケアのための育毛剤ですが、一体いつのタイミングで使用をするのが、最も髪の毛のために良いかは悩みます。
1日に1回使用タイプと2回塗布するタイプの商品がありますが、1回だけ使用する商品であるならば、時間帯は朝ではなく、夜の頭皮ケアに使うことです。
朝の髭剃りなどの洗顔タイムに、ついでに頭皮にも育毛成分を塗布したいならば、それはやっても構いませんが、塗布した成分は毛穴にそのまま浸透します。
1日のスタートに塗布することで、通勤や仕事をするために外出をするので、外の汚れを毛穴に詰め込みやすくなり、頭皮を汚してしまいますし、発汗も日中は多いです。
こうした背景があるので朝の育毛アイテムの使用は、若干ですが育毛成分の効果を妨げてしまう可能性があります。


男性の薄毛の悩みの大きな原因は、多すぎる男性ホルモンが影響をしており、そんな男性に向いているのは、男性ホルモンを抑える育毛剤です。
テストステロンは男性ホルモンのひとつであり、酵素の働きが加わることでデヒドロテストステロンと変化をします。
何を隠そう薄毛を招く大きな原因として、デヒドロテストステロンは大活躍をするので厄介です。
デヒドロテストステロンは抜け毛を招いてしまいますが、5αリダクターゼの分泌をセーブさせれば良いわけであり、そのために男性ホルモン抑制タイプは力になってくれます。
抜毛が増加をする原因が男性ホルモンにあるのであれば、それを抑制する働きがある成分を配合する種類を選べばよいわけであり、自分の薄毛タイプを知ることからスタートです。
男性に多いのは男性型脱毛症であり、いわゆるAGAのタイプになりますが、男性ホルモン分泌を抑える種類を選ぶようにします。


薄毛や抜け毛の頭皮に関わるトラブルを深刻化させないためにも、育毛アイテムを使用したお手入れは、20代のうちから開始をすることです。
特に男性は早い時期から始めるべきなのは、女性よりも頭皮の皮脂量が多いためであり、早い時期からの抜け毛が多い傾向にあります。
20代も半ばに突入をしたら男性は、毎月のお給料で購入に負担にならない商品を選び、育毛ケアを開始することです。
これまでと頭皮の状態が違うと察知をした時にも、育毛アイテムを使い始めるようにします。
抜毛が増えたり薄毛になった時には明らかな変化ですが、頭皮のかゆみやフケを感じたり、毛量がダウンした時も育毛ケアを開始するサインです。
自分の髪の毛と頭皮の変化には敏感になることは大事であり、シグナルを見落として放置をすると、余計に薄毛になりますし、そこからの改善は大変になります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP